たまごの商品化・GPセンター
TOP > あんしん養鶏 > たまごの商品化・GPセンター

STEP1. 原料卵(朝産まれたての卵)の収集

その日の朝産まれた新鮮な卵が、
専用のコンベアーで自動的にGPセンターへ集められます。

STEP2. 洗浄殺菌

ひとつひとつを目視検査。
割れた卵、汚れた卵をチェックし、取り除きます。(第1検卵)
殺菌洗浄水で洗浄後は長時間水分が付着し続けないように速やかに乾燥。

STEP3. 透光検卵

ここでもう一度、下から光を当てて目視検査されます。(第2検卵)
再度、人の目で確認することにより、きめ細かくチェックします。

STEP4. 自動破卵検知器(クラックチェッカー)

肉眼では見えない小さなキズを自動破卵検知器という特殊な機械でチェックします。卵の殻の表面を叩いたときに出る共鳴音の違いをコンピュータが分析し、目視検査で取り除く事ができなかった破卵を取り除きます。最後に紫外線殺菌をします。

STEP5. 自動計量・血卵検査装置

自動計量機で瞬時にたまごの重量をはかります。
併せて血卵・肉斑の有無を検査し、
安全・安心なたまごを選び出します。

STEP6.パッケージング

SSサイズから2L、定重量等サイズ別に
正確に振り分けられた卵を、
専用容器にパック詰めします。

STEP7.最終検査

パックに詰め製品となったたまごにキズや汚れがないか、出荷前に再点検。お客様に安全・安心なたまごを完全な形でお届けするための最終検査です。
株式会社 クレスト 愛知県小牧市大字大草5995番地 TEL:0568-79-2448