にわとりの飼育・農場部門
TOP > あんしん養鶏 > にわとりの飼育・農場部門

ヒナの飼育 育雛農場 (孵化翌日~生後40日)

  • 入雛3日前から鶏舎を暖めはじめ、卵を抱える母鶏のおなかのように快適で過ごしやすい状況をつくってあげます。
  • ヒナたちが水や餌の場所を覚え、少しでも早く環境に慣れることができるようにきめ細かく管理します。
  • ヒナたちはとてもデリケート。少しでもストレスを感じると食欲がなくなり、発育に支障が出てしまいます。換気、温度、飲水、給餌、照明など、鶏舎はコンピュータ制御されていますが、人間の五感も駆使して、ヒナたちを見守ります。
  • わずか1週間で体重は2倍、3週間で5倍に成長。発育に合わせて栄養を考えた安全性の高い飼料を与えていきます。

まめ知識① ヒナの衛生管理

蒸し風呂状態
室温34℃、湿度80%。これが生後間もないヒナたちを迎える最適な環境です。スタッフたちは、この蒸し風呂のような環境の中、汗だくでヒナの世話をしています。

1週間の徹夜
入雛後の1週間は特に重要な時期。スタッフたちは交替で24時間、看護飼育をしています。鳴き声や動きなど、ちょっとした変化も見逃さないよう注意を払います。

黄色いおはぎ
ヒナたちが寄り添いあって気持ちよさそうに寝ている姿は、まるで黄色いおはぎ。この愛らしい姿こそ、ヒナたちからの「快適サイン」なんです。

ヒナの育成 育成農場 (生後40日~生後120日)

  • 生後40日を過ぎると、ヒナたちは育成舎に移ります。
  • この育成舎においても、換気、温度、飲水、給餌、照明など、ヒナたちにとって最善な環境を整えるための努力は欠かせません。鶏が活発な昼間は異常が見つけにくいので、夜間巡回を行ない、餌の減り方に注目したり、くしゃみなどが聞こえてこないか耳を澄ますなど、きめ細かい観察をします。
  • この育成舎で、やがて安全でおいしい卵を産んでくれる鶏が育つのです。

まめ知識② おひっこしの前に

強いカラダに
病気感染予防のため、育成農場では様々なワクチン接種を行なっています。育成期間中にヒナたちは病気と闘う力をワクチンで養い、病気に強い健康な状態で成鶏舎へと旅立つのです。

成鶏の飼育 成鶏農場 (生後120日~生後720日)

  • 丹精こめて育てられたヒナは、生後約120日で採卵用の成鶏舎に移ります。これをわたしたちは「成鶏導入」と呼んでいます。
  • 成鶏導入で大切なのは、いち早く鶏たちの状態を把握すること。鶏たちの管理データ(体重、変動係数、餌の摂取量など様々な記録)を育成舎から引き継ぎ、同時に一羽一羽に実際に手で触れて、健康状態を確認します。
  • もちろん、「生きもの」を扱う仕事ですから、触れあいも大切にしています。すべてを機械に頼らず、日常の点検は人間の手で行ない、少しの変化も見逃さない努力がなされています。
  • 成鶏は生後約120日から約720日までの約600日間、日々卵を産みます。鶏の健康状態とクリーンな環境を確実に守り続ける努力が、安全・安心なたまごを食卓にお届けしているのです。

まめ知識③ 成鶏の衛生管理

オールイン・オールアウト
同じ鶏舎内に若鶏と老鶏を一緒に飼育していると、長い期間のうちに病気が入り込んでくる危険性があります。同じ日に生まれ育った鶏を一斉に導入し、一斉に淘汰することによってこの危険性を回避することができます。この方法をオールイン・オールアウトといいます。クレストでは最新の設備・技術を導入したウインドレス鶏舎を採用。
鶏舎ごとにオールイン・オールアウトをしています。徹底的に洗浄・消毒をした後、一定期間の空舎期間をおいて、衛生検査に合格した時点で次の鶏が導入されるという、徹底した衛生管理をしています。毎回、清潔な鶏舎に鶏を導入することが衛生的な飼育環境につながるのです。

株式会社 クレスト 愛知県小牧市大字大草5995番地 TEL:0568-79-2448