独自の衛生管理
TOP > こだわり養豚 > 独自の衛生管理

オールイン・オールアウトの法則

分娩舎・肥育舎・離乳舎では豚を一斉に導入し、一斉に移動させる「オールイン・オールアウト」を実施。空になった豚舎は徹底して水洗・消毒します。また分娩舎に導入される母豚自身も消毒するという徹底ぶりです。

各部署の交流は原則ナシ

場内は繁殖・離乳、肥育の3サイトに分かれ、原則交流はありません。 やむを得ず移動する場合は、シャワーインを徹底厳守。建物ごとの衣類・長靴の交換、手指のアルコール消毒を徹底しています。

従業員以外は一切立ち入り禁止

万が一、必要が生じて外部の方が農場内に入る場合は、シャワーを浴びて、指定の下着・白衣に着替えていただきます。ただし、48時間以上、他の畜舎に立ち入らずに来場していただくことが条件です。

車両はすべて消毒してから入場

飼料の運搬車はもちろん、その他の車両(工事車両など)がやむを得ず入場する場合も、消毒を徹底しています。

出荷のトラックは農場入口の出荷車専用係留所まで

一番感染が怖いのは、と畜場に出入りする出荷用トラックです。と畜場での消毒は当然のこと、トラックが農場内へ侵入しないように専用の出荷係留所を設置。出荷する豚は農場内専用車でスタッフが出荷専用係留所まで運搬します。
株式会社 クレスト 愛知県小牧市大字大草5995番地 TEL:0568-79-2448