クレストグループ
安全安心な鶏卵と豚肉の生産・販売

こだわり養豚

ロッセ農場だより

こんにちは!  ロッセ農場の河瀬です

クレストグループのロッセ農場は
飛騨高山の、自然の豊かな場所にあります。
標高が高く季節の訪れが名古屋と比べて1ヵ月ほど遅く、
うぐいすの声で夏を感じる、そんな地域です。
周囲は、春なら、わらび、ぜんまい、
たらの芽などの山菜、秋ならきのこ・・・
スタッフは四季の「収穫」も楽しんでいます。
そんな環境の中、豚たちもすくすくと育っています。

ロッセ農場の詳細はこちら

豚が好きなのは
ビチャビチャ、クチュクチュ、
ズーズー?

豚はなにを食べているの?と質問されることがあります。大豆やトウモロコシなど粒状のものを思い浮かべるかもしれませんが、それらは実は豚のエサには向いていないのです。機会があったら、豚の口をよーく観察してみてください。前歯は出っ歯、そして奥歯との間には数センチもの隙間があいていて、粒状のエサは隙間からポロポロとこぼれ落ちてしまいます。

テレビなどでイノシシや野豚が泥をピチャピチャ舐めているのを見たことがありませんか。そのピチャピチャ、クチュクチュ、ズーズーこそ、豚にとって嬉しい状態。液状のドロから不足したミネラルなどの栄養を摂取しているのです。
昔は「残飯」を豚に与えていたといいます。その水分の多い残飯をぐつぐつ煮た「液状飼料」を与えることが、実は理にかなっていたのです。豚の習性とリサイクルの発想を取り入れたのが、わたしたちが導入している「リキッドフィーディングシステム」。バイプロダクト(食品製造過程などでできるおからなどの未利用・未使用食品)を有効活用し、科学的に栄養を考え配合された材料を液状に加工して与える給餌方法です。豚にも地球にも優しい、それが「リキッドフィーディングシステム」なのです。

未来の養豚は「純粋培養」へ

未来の豚はとてもデリケートな動物。伝染病などの感染にはとても気を遣っています。感染リスクは最低限に抑えていますが、わたしたちは2010年3月よりカナダから良質な資質を持ったSPF原々種豚、原種豚を導入し、以後一切生体の導入はせず、血液の更新は精液のみで行い、農場内で繁殖のサイクルを完結させてしまう「インジーンシステム」に取り組んでいます。 これは外部からの病原菌侵入のリスクを低減するだけでなく、コストの削減、肉質の向上などにもつながる新しい養豚方法です。「純粋培養」ともいえる未来の養豚が、クレストグループで始まりました。